影執事マルクの天敵

富士見ファンタジア文庫

手島史詞

2009年4月30日

富士見書房

682円(税込)

ライトノベル

「ごきげんよう。あたしはクリスティーナ。そこのマルクはあたしの弟なんですの。-この街にはとっても綺麗な女の子が住んでいるって聞いてやってきたの」真っ赤な口紅にドレス、明るい茶髪は縦ロールというド派手な出で立ちでマルクとアイシャのあとをつけてきた不審者ーそれは、マルクの姉、ではなく女装の兄・クリスだった。クリスの目的はエルミナとの対面だという。変態兄貴を主から遠ざけようとするマルクの努力もなんのその、クリスは蜃気楼の屋敷に滞在することに。しかも、甘いお菓子とトークであのエルミナを笑わせた!そんな中、侍女のアイシャの様子がおかしくなって…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください