狗牙絶ちの劔(4)

刀と鞘の物語

富士見ファンタジア文庫

舞阪洸

2009年11月30日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

闇に隠れて人を喰らう異形のもの狗牙。しかしそれを密かに狩り、人間を守る者たち狗牙絶ち衆が居た。居合の達人・修学院香月ら若手の狗牙絶ち衆を育成するため開かれた合同合宿。だが、突如正体不明の敵に襲われる若手狗牙絶ち一行。犯人が分からないまま、次々と若手狗牙絶ち衆が犠牲になる。そんな中、刀を身体に呑み込んでしまう特殊な能力を持つため、合宿に参加していた葛城駿。彼は狗牙絶ち衆ではないが故に、冷静に敵の正体を推理してゆく。やがて彼がたどりついた敵の名前は意外な人物だった!今、生き残りを懸けた最後の戦いが始まる。本格居合小説最終幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください