夏海紗音と不思議な世界(2)

富士見ファンタジア文庫

直江ヒロト

2010年5月31日

富士見書房

660円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

「夏海紗音って、誰?」クラスメイトの瀬戸さんに呼び出されて何の脈絡もなく発せられたその言葉に僕の思考は一瞬で吹き飛ばされた。紗音と別れ、僕の中で崩壊した世界観を立て直し、平凡な高校生として平凡な毎日に適応し始めたはずなのに。この世界では誰も知らないはずの彼女の名前を、なんで瀬戸さんが知ってるんだ!?しかも事件はそれだけじゃ終わらなかった。混乱して家に帰り、寝てしまった僕は聞き覚えのある声で目を覚ました。「あ。起きた。ハロー!」心臓が止まりそうになった。嘘だろ?とりあえずこれだけは言わせてくれ、また会えたな、紗音。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください