ドラゴンランス英雄伝(1)

富士見文庫

マーガレット・ワイス / トレイシー・ヒックマン

1989年11月30日

富士見書房

501円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

〈氷原の民〉の僧侶ラガート・グナッグは、黄金の将軍ローラナが率いる冒険者たちの旅に随行する。騎士スターム、いたずら好きのケンダー族タッスル、パラダインの僧侶エリスタンがいた。ドラゴン・オーブが隠されている氷壁城に辿りついた一行は、突如白竜のドラゴン卿フェアル=サスの奇襲をあびるー。短刀で喉を刺されて重傷をおうスターム。ローラナは、孤軍奮闘の末、ラガートがさし出した“砕霜斧”でフェアル=サスを差し貫くが…。本編は伝承詩になっている箇所を、僧侶ラガートが語る『信頼を求めて』、“上位魔法の塔”でのレイストリンとキャラモカの双子の兄弟の試練を描いた『双子の〈大審問〉』など、本編で語りきれなかった冒険の数々を克明に描いた七篇を収録する。待望の“ドラゴンランス”外伝第1弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください