Room no.1301(しょーとすとーりーず・わん)

富士見ミステリー文庫

新井輝

2005年6月30日

富士見書房

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

健一はなんとなく迷っていた。目の前に倒れている少女は、綾さんじゃないだろうか?こんな風に倒れている綾さんを助けた後、ぼくは童貞を失った…はずだった。「私は誰なんでしょー?」突如、綾は叫んだ。記憶を失ってまともになってしまった綾。普通の感覚で毎日を生きる彼女を13階の住人たちは綾夜と呼び、日々を送るのだが…。健一の日常から去っていたホタルのその後、そしていままで謎とされてきた刻也の日常。そしてつき合っている彼女・鈴璃との関係。少年と少女たちの日常はあるゆっくりとビートを刻みながら前に進んでいく。本編では語られないエピソードを健一や仲間たちの視点から描く。時に可笑しく、時に切ない健一の恋愛を探求する物語、書き下ろし初短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください