ラブ・シェイク

恋のカクテル召し上がれ

プラチナ文庫

英田サキ

2005年11月30日

プランタン出版

586円(税込)

ライトノベル / ボーイズラブ(BL)

バーテンダーの秋良を訪ねてきたのは、代議士である父の秘書・桧垣だった。父に心配をかけるなと言う彼に、2年前、ひどい言葉で信頼を踏みにじられ、傷つけられた秋良は反発する。しかし、ある誤解から桧垣と寝ることになりー「どこもぐちゃぐちゃだ。いやらしい身体ですね」執拗な指戯に焦らされ、快楽で追いつめられた秋良は思い知る。こんなにも彼を求めていたと。けれど淫らに悶える身体とは裏服に、桧垣に嫌われているのだと思うと、心が苦しくて…。想うほどにすれ違う、不器用な恋心。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください