男ふたりで12ヶ月ごはん

単行

椹野 道流 / ひたき

2018年2月3日

プランタン出版

1,430円(税込)

小説・エッセイ

眼科医の遠峯が暮らす、芦屋の古い一軒家。そこに転がり込んできた、高校時代の後輩でスランプ中の小説家・白石。突然始まった同居生活は、なかなかに快適だった。事情説明の焼肉、男飯な弁当のみそ炒り卵、誕生日祝いで前菜がメインな中華コース、祝脱稿の分厚いハムとふわふわ卵の贅沢サンド、遠峯理想のコロッケ載せチキンカレー、単調作業で白菜と豚肉のミルフィーユ鍋、白石の人生初フォアグラ様。そうそう、甘党の遠峯はデザートも欠かせない。くりきんとんにモンブラン、桜餅ー。ご飯が美味しければ一年なんてあっという間。男ふたりのごはん歳時記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.43

読みたい

24

未読

3

読書中

3

既読

32

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

BLではありません。

starstarstarstar
star
4.2 2023年08月16日

高校の先輩と後輩が大人になってから同居した日常のお話。 限りなくBLっぽいですが、違います笑 ごはんの話がメインで、家でのササッとごはん+外食。 素材のどーたらこーたら的なグルメ話ではないです。 「あー、美味しかったね」と幸せな気分になります。 隙間時間や寝る前にも重たくなく読みやすいです。 シリーズがあるようなので読みたいです!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください