赤の攻撃性・非熱の性

Hanaoto novels

Sen

1995年12月5日

芳文社

939円(税込)

小説・エッセイ / 新書

-あいつは俺を誘うんだ。男でも女でもなく、あの細い身体で-二人はあまりに長い間一緒にいすぎた。尾高と野間崎の親友という関係は今、形を変えようとしている。-これは自分のものだ。行動に出た尾高は抵抗する野間崎と喧嘩のような欧り合いになり、それでも諦めはしない。追い詰められた野間崎の選択は…。表題作の他に『ライク・ユー』を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください