いばる上司はいずれ終わる

世界に通じる「謙虚のリーダー学」入門

鳥居正男

2016年5月31日

プレジデント社

1,540円(税込)

ビジネス・経済・就職

「傲慢な人」は時代遅れ。いまトップエリートが目指す「謙虚な日本人」のモデルがここにある。外資系で成功する最短ルート。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.9

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstar
star
2.9 2020年05月06日

・20代のうちはなんでも挑戦して、どんどん失敗すればいい。周りを気にしてお利口さんになる必要もないし、そのうち若気の至りだったなと思えるときがくる。勇気を持ってまず行動を。 ・できる人は相手のミスを持ち出さずして解決する。そして蒸し返すこともなく、このミスを今後どう活かしていくかを見守ってくれる。 ・尽くすことを忘れない。部活からの相談には目を見て傾聴する。 ・バッドニュースにはありがとう。犯人捜しより解決を優先すること。 ・自分の地位が上がったとしても、基本的な礼儀は当たり前。年上で社歴が長い人にくん付けはやめよう。 ・会議は意思決定の伴う真剣勝負だけにすること。 ・金曜の15時に会議を招集したが、アメリカでは誰一人集まらなかった。スイスでは18時を過ぎると電気を付けていても15分毎に消灯してしまう。残業の習慣がない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください