いますぐ遺言書を書きなさい

大瀧靖峰

2018年10月24日

マイナビ出版

935円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「遺言書を書くのなんて、遠い先の話だ」、そう考えていませんか?そう考えていると、イザ!というときに手遅れになります。遺言書は家族への最高の贈り物、ラブレターです。書くのは早ければ早いほどよいのです。何となく必要性を感じつつも、書いてこなかった遺言書について、その必要性を、弁護士である筆者が受け持った事例を交えつつ解説します。遺言書によって、親族による骨肉の争いを避け、遺産相続の手間を省き、あなたの思いを大切な人に伝えましょう!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください