半分の月がのぼる空(6)

電撃文庫

橋本紡

2006年2月28日

アスキー・メディアワークス

583円(税込)

ライトノベル

ついに退院した里香は、僕と同じ学校に通うことになった。正真正銘のスクールライフを送る日がやってきたんだ。いっしょの登校、いっしょの校庭、いっしょの下校。帰りに七越ぱんじゅうを買ったりしてさ。なんでもない、ありふれた日常だけれど、長い道を歩いてようやくたどり着いたのがそこだった。そう、僕たちが生きていく場所は病院じゃないんだ。当たり前の場所で、当たり前の生活を送る日々が、本当に大切なことー。“僕たちはこの小さな町で寄り添って生きていく”橋本紡&山本ケイジが贈る、大好評シリーズ第六弾!本編完結編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar 2

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

18

未指定

19

みんなのレビュー (1)

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください