「飛騨高山まつりの森」への道

平成の祭屋台と文化のパトロネ-ジ

「飛騨高山まつりの森」への道編集委員会

1998年4月30日

ロングセラ-ズ

1,980円(税込)

人文・思想・社会

本書では、私財を投じて「飛騨高山まつりの森」をつくろうとする中田金太の人物像と計画過程を「平成文化のパトロネージ」という視点から、「平成の祭屋台」製作に携わる日本各地の作家、職人たちの技の系譜と生き方を、「平成の匠」という視点からとらえ展開します。また、最先端の科学技術を駆使して日本初の地中ドームを完成させた、トンネル技術者たちの奮闘を「高度テクノロジー時代の職人たち」としてとらえ紹介します。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください