花王「アタック」はシャツを白く染める

蛍光増白剤・合成界面活性剤は危ない

渡辺雄二

2008年11月30日

緑風出版

1,650円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

スーパーやドラッグストアには、洗濯用洗剤、台所用洗剤、シャンプー、リンスなどが山のように積まれています。これらの製品には、驚くほど多くの化学物質が含まれていますが、共通しているのが合成界面活性剤です。これは油汚れを落とす働きがありますが、反面人間の皮膚や粘膜を刺激します。そのうえ、河川や湖沼を汚染し、魚やプランクトンにダメージをあたえます。また蛍光増白剤などもいわくつきの化学物質です。石けんさえあれば、ほとんど用が足りるのです。あえて、危険な化学物質の入った洗剤等は買う必要はないのです。本書ではこうした製品を一つ一つ取り上げ、その成分を検証し、安全性や毒性を明らかにしています。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください