三島由紀夫は、なぜ昭和天皇を殺さなかったのか

鹿砦社LIBRARY

板坂剛

2017年12月31日

鹿砦社

660円(税込)

人文・思想・社会

大正14年に生まれ20歳で終戦を迎えた三島由紀夫は、「人間宣言」で生き長らえた昭和天皇を軽蔑していた!!後年政治色を強め、皇国主義者となり最後「自衛隊を天皇にお返しする」と叫んで割腹自殺した三島の真意はなんであったのか?自決直前の言動や彼の文学作品から「愛国」の仮面に隠された素顔に迫る問題作!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください