アントニオ・タブッキ反復の詩学

花本知子

2013年4月1日

春風社

3,300円(税込)

小説・エッセイ

物語の萌芽が表現されることをおのずから要求し、作家はそれをじっと待つ。書くことは生に参加する要素、生は書くことに参加する要素。いま“生きることの混乱”の物語が紡がれる。付録・アントニオ・タブッキ全著作解題/タブッキ研究のための文献リスト。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください