異戦関ヶ原(1)

ヴィクトリーノベルス

中里融司

2019年1月31日

電波社

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 新書

太閤秀吉、死すー。この日を機に、天下の行方を窺う大名たちの思惑が蠢きだした。だが秀吉は生前、そのための布石を打っていた。懐刀の石田三成に筑前国100万石を与えて豊臣家を盤石とし、嫡子の秀頼に刃向かえない体制を整えていたのである。これに対し、我こそ次の天下人、と野心を抱く徳川家康は、諸大名たちと姻戚関係を結び専横を始める。大領を盾に兵を集め、家康との一大決戦へ準備を進める三成。そして、火ぶたは切られた!関ヶ原の地に先に布陣した東軍であったが、さしもの家康も100万石の威力を前に、予想外の陣形をとる。対する三成の戦術とはー!?天下分け目の大戦によって運命を左右される武将たち。その戦国絵巻を壮大に描く仮想シミュレーションシリーズの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください