音使いは死と踊る(1)

オーバーラップ文庫

弁当箱

2016年5月25日

オーバーラップ

759円(税込)

ライトノベル

“発火能力”“念動力”-異能があふれるようになった現代。数少ない無能力者である神谷風人は、誕生日に“音を支配する”能力を突如として発現、暴走状態に陥ってしまう。風人に対して国民を守る自衛軍が下した結論は『強制排除』-殺されるということだった。必死に逃げ続ける風人に救いの手を差し伸べたのは『アノニマス』と名乗る組織。マスクを差し出された風人は選択を迫られ…!?「…音の少年、我々の仲間にならないか?」『死音』の名乗りを上げた風人は、生死渦巻く闇の世界に躍り出していくー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください