日本近代文学と〈差別〉

批評空間叢書

渡部直己

1994年7月31日

太田出版

1,922円(税込)

人文・思想・社会

明治20年代の諸作品から中上健次にいたるまで、日本近代文学は「被差別部落(民)」をいかに主題化してきたか。反差別を目指しながらも、小説(=物語)を書くことが、一瞬ごとに「差別」を生みだす様相を精緻に分析し、あるべきエクリチュールの姿を模索する力作長篇評論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください