華鬼(2)

梨沙

2008年11月30日

イースト・プレス

1,100円(税込)

小説・エッセイ

「いっしょに来ていただきます。鬼頭の生家に」響、四季子に襲われた翌日、神無は己を庇い負傷した国一の安否が気にかかり、三翼に気遣われながら学園へと向かう。だがそこに国一の姿はなく、代わりにいたのは薄笑いを浮かべた四季子と、学園に不似合いな黒服の男たちだった!神無をめぐる鬼と花嫁。それぞれの思惑が交錯する中、神無は華鬼と共に彼の生家へと連れ出されるー。平凡な少女と美しくも冷酷な鬼とが織り成す学園伝奇、鬼頭の生家編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

7

読書中

1

既読

18

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください