人間・失格

たとえばぼくが死んだら

野島伸司

1994年9月30日

幻冬舎

1,388円(税込)

小説・エッセイ

集団で他人を傷つけるハイエナ達よ、僕は…凄惨なイジメによって、少年が自殺した。真相を知った父親の中で鈍くきらめく光。しかし…人は人を裁けるのか。父子の絆、イジメ、少年愛…大反響を呼んだ問題のドラマを小説化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください