無残花物語(下)

幻冬舎アウトロー文庫

団鬼六

1997年11月30日

幻冬舎

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「何をそのようにうろたえているのです。もう腰が抜けて、磔にかけた女を槍で突く元気もなくなったのですか」。処刑の刻、お蘭は妖しい悩ましさをもつ優美な裸身を激しく揺さぶり、大声で言い放ったー。責め苦の果てに現れる女体美の究極の姿を鮮やかに描き尽くす、その意外な結末とは!暗黒文学の最高峰にして、団鬼六世界の総決算。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください