最後のストライク

津田恒美と生きた2年3カ月

幻冬舎文庫

津田晃代

1998年6月30日

幻冬舎

586円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

「弱気は最大の敵」といつも自分を励まし、どんな打者にも直球1本で勝負を挑んでいった広島カープの投手・津田恒美。炎のストッパーと讃えられた彼だが、29歳の若さで悪性の脳腫瘍に倒れてしまうー。もう一度マウンドに立つことを誓い、不屈の精神で最後まで闘いつづけた姿を、最愛の妻が綴った感動と勇気のドキュメント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください