妖臣伝(下)

厳島合戦異聞

幻冬舎文庫

小川良

1998年10月31日

幻冬舎

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

陶隆房(のちの陶晴賢)は反乱を成功させ、西国の覇権を掌握する。隆房を仇と狙うさぎりと、宿敵善常法師を狙う忍びの者、次郎は雌伏の毎日を送る。敵対する毛利家へ、二人の献身が続いた。隆房はこれまでの謀略戦にやがて疲弊し、怨霊たちも彼に襲いかかった。そして厳島合戦…。武将たちの激しい愛憎に彩られた戦国大絵巻、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください