幼な子われらに生まれ

幻冬舎文庫

重松清

1999年8月31日

幻冬舎

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

三十七歳の私は、二度目の妻とその連れ子の二人の娘とありふれた家庭を築く努力をしていた。しかし、妻の妊娠を契機に長女は露悪的な態度をとるようになり、『ほんとうのパパ』に会いたいと言う。私も、長女を前妻との娘と比べてしまい、今の家族に息苦しさを覚え、妻に子供を堕ろせと言ってしまうー。「家族」とは何かを問う感動の長篇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.65

読みたい

5

未読

8

読書中

2

既読

68

未指定

73

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

重松清「幼な子われらに生まれ」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2017年08月29日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください