家畜人ヤプー(第3巻)

幻冬舎アウトロー文庫

沼正三

1999年8月31日

幻冬舎

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

イース人のヤプーに対する態度は、徹底して残酷かつ非道なものだった。クララは初め、嫌悪感を示すが次第に順応していき、やがて麟一郎を私有家畜とすることを決意。去勢手術などの生体加工を施され、変わり果てた姿となった麟一郎は、クララの「尻洗礼(パブティズム)」を受けてヤプー・リンとなったー想像力の限りを尽して描きあげた倒錯の万華鏡、第三巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください