仕事は楽しいかね?

デイル・ドーテン / 野津智子

2001年12月31日

きこ書房

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の“私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(84

starstarstar
star
3.92

読みたい

75

未読

30

読書中

24

既読

440

未指定

304

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (10)

クリーム

明日は今日よりも変化した自分

starstarstar
star
3.8 2021年04月22日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

アンナ

繰り返し読む価値のある本

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

ラムネ味

どんな自己啓発本よりも為になる

starstarstarstar 4.0 2020年04月24日

とても素晴らしい本だと思う。 ストーリー仕立てで、「成功への秘訣」を教えてくれる。 精神論ではなく、物事の見方、考え方を導いてくれる。 コカコーラ、リーバイスの成功を題材に、準備と姿勢を教えてくれる。

全部を表示

sanji

イマイチ

starstar
star
2.5 2020年01月28日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

kae

毎日違う自分でいること▶️

starstarstar
star
3.5 2019年11月22日

何事にも怖がらず挑戦、 考えることって大切なんだって教えてくれる。 こんな素敵な出会いができた作者がとっても羨ましい。

全部を表示

アルゴン

まずは試してみること

starstarstar
star
3.9 2019年08月16日

誕生日に同期よりいただいた本ですが、時期的にピッタリの内容でした。社会人になりたての頃より熟練した部分も多々ありますが、社会人を続けていく中で忘れていたこともあるのだなあと。

全部を表示

Readeeユーザー

目標なんていらない…という自己啓発の本質を突く本

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月27日

自己啓発というと、 ・目標を達成できる人になる ・〇〇という21世紀で使える考え方 ・〜〜というスキル という、いわばツルハシビジネスのように感じていた。 (誤解なく注釈するが、著者らは仕事や日常生活を通じて得た知見を体系化して本にしている(と思っている)ので、無駄ではないと感じてる) この本のテーマは、 【定まった目標を決めず、ただ明日は今日の自分とは異なる】 となっているので、読者それぞれに向かう方向が異なるので、 応用が効く考えのようにも感じた。 ちょっと変わった自己啓発を読みたい人には、おすすめ。

全部を表示

Readeeユーザー

仕事とは

starstarstar
star
3.5 2018年12月01日

るぅ

しっくりくる自己啓発本

starstarstarstar
star
4.5 2018年08月27日

一般的にオススメされるどの自己啓発本よりも勧めたい一冊。本書のポイントは、よくある自己啓発本で推奨される目標を立てることを否定し、ただ明日は今日と違う自分になること。そして、とにかくいろんなことを試すことに尽力せよという点。目標を立てて人生を一本化するのではなく、色んな脇道にバウンスしながら、それでもあらゆることを試し続けることで、成功を呼び込むことができるという。漠然と目標を立てて、それに向かって努力しろと言われるよりも、日々こうしたマインドを持っていれば成功できるという諭し方をしてくるので納得しやすい。また、歴史の著名人が画期的なアイデアを発見した逸話と絡めて説明しているので物語としても面白い。

全部を表示

ラムネ味

どんな自己啓発本よりも為になる

starstarstarstar 4.0 2018年07月22日

とても素晴らしい本だと思う。 ストーリー仕立てで、「成功への秘訣」を教えてくれる。 精神論ではなく、物事の見方、考え方を導いてくれる。 コカコーラ、リーバイスの成功を題材に、準備と姿勢を教えてくれる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください