囚われの姫と黒の覇王

ガブリエラ文庫

火崎勇

2014年10月31日

メディアソフト

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「思い知らせてやろう。蹂躙され踏み躙られることの辛さを」塔で暮らすルーシアはある夜、忍んできた男に未知の快楽と苦痛を与えられる。だが彼女はその行為の意味を知らなかった。再度塔を訪れたアヴァンは何も知らないルーシアに様々なものを与え教えてくれるようになる。アヴァンにまた触れてほしいと願うルーシア。彼女を大切に思うからこそそれを拒むアヴァンだが、二人きりの濃密な時間の中、想いは高まってゆきー!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください