自殺卵

眉村卓

2013年8月22日

出版芸術社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

年金生活者で独り暮らしの主人公の自宅に、「われわれの贈り物で、死んで下さい」と書かれた異様な手紙が届けられた。世界中で、差出人不明の卵型の自殺器と手紙がばらまかれる。キャップを外すと中に針があり、それを自分の体に刺すと、一瞬にして死ぬことが出来る。徐々に人口が減り始め、“死”が日常になる…終末SFの傑作「自殺卵」ほか書き下ろし「退院前」、「とりこ」の2作を収録した全8編!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

star
star
1.97

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あじこ

(無題)

-- 2020年06月20日

表題作のみ読了。 残る方の卵は、いらないけど、無くなる方の卵だったら、欲しくなる時がそのうちくるかも…。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください