金子みすゞ名詩集

金子みすゞ / 彩図社

2011年7月31日

彩図社

628円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

明治36年、山口県に生まれた童謡詩人金子みすゞ。彼女の残した作品には、小さな動植物に対する深い愛情や悲しみ、そして子供の持つ独特の感性などが、みずみずしい言葉で綴られています。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.83

読みたい

1

未読

9

読書中

1

既読

17

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

のふぇあまん

みんなちがって、みんないい

starstarstar 3.0 2022年03月15日

身の周りのものを深い愛情を持って観察し、自分なりの思いや感情を、短く簡潔な言葉で語っている。読むと優しい気持ちにさせてくれる詩だ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください