台頭する国営石油会社

新たな資源ナショナリズムの構図

石油天然ガス・金属鉱物資源機構

2008年3月31日

エネルギーフォーラム

2,090円(税込)

科学・技術

米国、豪州を除いて石油・天然ガスの産出国・消費国を問わず、かなりの数の国営石油会社と称されるものが存在する。国営石油会社の絶対数は多く、業務内容も上流(探鉱・開発・輸送)から下流(精製・販売)まで多岐にわたり、業績も千差万別である。本書では新セブンシスターズにクエート、インド、ノルウエーの3社を加えた10社を3つの分類に分けて紹介する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください