曽我量深の「宿業と本願」

宿業は本能なり

小林光麿

2013年4月30日

方丈堂出版

1,100円(税込)

人文・思想・社会

真宗思想の近代化に大きな影響を与えた、大谷派の学僧・曽我量深の“宿業”論を道標として抽出し、見事にまとめた遺稿集。「宿業とは本能なり」と述べた曽我独自の宿業観がここにはじめて整理紹介され、宗教・仏教界の難解な言葉とされて来た宿業の真意が明らかになる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください