幼児理解の現象学

メディアが開く子どもの生命世界

幼児教育知の探究

矢野智司

2014年3月31日

萌文書林

2,750円(税込)

人文・思想・社会

人間と動物の境界線を超え、主体と客体、精神と身体、文化と自然、といったさまざまな境界線を越境する幼児の生を語る言葉を求めて、知の遠近法=理解の外部へと向かう冒険。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください