最凶の恋人 4

LAQIA SUPER EXTRA NOVELS

水壬 楓子

2004年6月30日

ハイランド

935円(税込)

小説・エッセイ

「誰が何言ってきてもおまえを手放すわけねぇだろ?」千住組組長・柾鷹の元で暮らす遙。柾鷹の金を運用して組のシノギを稼ぐその傍ら、“愛人”としてその腕に抱かれ喘ぐ。甘やかに高められ、巧みで淫らな手に溺れながらも、遙は自分の立場を決めかねていた。曖昧な日々の中、前組長の法要が執り行われることになり…。水壬楓子の大人気シリーズ、150Pの書き下ろし付。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください