華禍

こんなに中華主義が怖いわけ

黄文雄

2004年10月31日

ワック

1,650円(税込)

人文・思想・社会

「華禍」とは何か-。それは軍事的な脅威も含めた、中国の複合的な脅威のことである。「黄禍」も「白禍」も、世界地図を二分した「赤禍」も、いまではすでに過去のものになろうとしている。これに対して、幻想でも杞憂でもなく、もっと現実的な脅威が、ほかならぬ「華禍」なのだ。実際には、すでに日本人だけではなく、全地球的な規模の危機をもたらしつつある。いったい「華禍」はどこまで世界に蔓延し、文明の危機、さらには人類の生存の危機を脅かしているのか。世界が腐蝕されているその脅威と恐怖を明らかにしたい。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください