魔術士オーフェンはぐれ旅(9)新装版

秋田禎信

2012年5月31日

TOブックス

1,650円(税込)

小説・エッセイ

“最接近領”にだどり着いたオーフェンは、レティシャから一丁の拳銃を託され、“領主”に仕える“白魔術士”ダミアンから「6人が死ぬ」という不気味な予言を知らされるのだった。オーフェンは予言に抗うべく、行動を開始する(『我が庭に響け銃声』)。暗殺者と魔術士による大規模な戦闘から一夜が明け、オーフェンは無事に生き延びたものの、マジクとクリーオウの様子に違和感を覚える。断続的に訪れる襲撃に疲労する一行の前に“白魔術士”ダミアが現れる(『我が館にさまよえ虚像』)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください