モザンビ-クの青い空

中年男児アフリカに在り

遠藤昭夫

2002年8月15日

出窓社

1,760円(税込)

人文・思想・社会

1994年、バブルがはじけ不況風が漂い始めた日本から、一人の中年男が、単身アフリカへ渡る。15年におよぶ内戦が終わったばかりのモザンビークは、荒れ放題の国土に、世界でも屈指の超極貧国。そのうえ、コレラ汚染地区に指定されていた。商魂たくましい中国人華僑さえ逃げ出したこの国で、なんのあてもない日本人が、商売をしようという無鉄砲さ。案の定、やることなすこと全てが裏目となり、超極貧国で一文無しになるという、辛酸を舐める。しかし、戦後の競争社会を生き抜いた団塊世代。ここから、踏ん張る、頑張る。詐欺師や泥棒にもめげず、ひたすら頑張る…。汗と涙と、なぜだかアフリカの空のように明るい抱腹絶倒の奮戦記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.85

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください