〔電子〕そして、星の輝く夜がくる

そして、星の輝く夜がくる

真山仁

2016年1月8日

講談社

726円(税込)

小説・エッセイ

東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地方の小学校に、神戸から赴任した応援教師・小野寺徹平。かつて阪神・淡路大震災を経験した彼は、心に傷を負った子どもたち、父兄たちとの“本音の交流”を通して、被災地が抱える問題と向き合っていく。「ハゲタカ」シリーズの真山仁が挑んだ、渾身の震災文学。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください