〔電子〕TEN 下

TEN

楡周平

2021年2月5日

小学館

585円(税込)

小説・エッセイ

企業社会に蔓延する「男の嫉妬」を描ききる。 男の嫉妬ほど、恐ろしいものはないーー。仕事に夢を持てるかどうかで、サラリーマンの人生は大きく変わる!   ドヤ街で荒んだ暮らしをしていたテンこと小柴俊太は、幼馴染の麻生寛司との再会でチャンスを掴み、ムーンヒルホテルで働くことになる。日本最大のホテルチェーンを目指す月岡光雄社長の下、テンは次々に実績を挙げ、異例の出世を遂げる。さらに、球団買収の難題を解決した俊太は、中卒、途中入社のハンディを乗り越えて、本社の取締役に抜擢される。 社内に渦巻く男たちの嫉妬、嫉妬、嫉妬。 そんなある日、重大な不祥事が発覚し、会社は上場廃止の危機に陥ってしまう。実は、一連の騒動の背後には、思いもよらぬ人物の裏切りがあった・・・。 昭和のニッポンを駆け抜けた、汗と涙と歯ぎしりのサラリーマン奮闘小説の傑作が誕生。 ※この作品は単行本版として配信されていた作品の文庫本版です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください