〔電子〕戦国力 逆境を生きるということ

戦国力 逆境を生きるということ

火坂雅志

2012年12月21日

小学館

649円(税込)

人文・思想・社会

困難な時代を生きた戦国時代の29人の肖像 戦いに明け暮れた戦国時代は、生と死は隣り合わせの時代だった。  男たちは夢や理想を抱いて、乱世を生き抜こうと戦ってきた。  敗戦を通じて、落胆することなく自らを鍛え上げてきた者。困難な状況をものともせずに、力をたくわえ己の立場を築いていった者。  さらに男たちは、運命を分かつ決断のときどう動いたのかーー。  徳川家康、直江兼続、黒田官兵衛、千利休ほか、本書に登場する二十九名の男たちは、我々を勇気づけ、今後のヒントを与えてくれるに違いない。  二〇〇九年NHK大河ドラマ『天地人』原作者が、思いを寄せた人物を通して描く、逆境に打ち克つ生き方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください