〔電子〕華の姫(3)

華の姫

わたなべ志穂

2012年12月20日

小学館

462円(税込)

漫画(コミック)

姫と従者の命がけの恋を描く戦国歴史ラブロマン 「会いたかった…そなたと別れてからも本当はずっと…!!」 時は戦国。 織田信長の姪・茶々は、恋人と別れ、豊臣秀吉の世継ぎを産むことを選んだ。 しかし、思い返すは愛しい人・相馬のこと。夫・秀吉に死の影が忍び寄る中、茶々の立場は孤立していく。 そのような中、茶々を支えてくれたのは、意外にも茶々を憎んでいたはずの石田三成だった。 だが、7年後。恋人・相馬は意外な形で姿を現して…? 戦国歴史ロマン第3巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください