〔電子〕龍馬(二) 脱藩篇

龍馬

津本 陽

2013年5月31日

KADOKAWA

682円(税込)

小説・エッセイ

開国に踏み切った幕府に対し、尊王攘夷運動が高まっていた。安政の大獄でこれを弾圧した井伊大老は桜田門外で暗殺される。龍馬も、武市半平太が結成した土佐勤王党に加わる。長州の久坂義助と会談した龍馬は、その過激な方策に疑問を抱くが、勤王党も藩仕置役・吉田元吉の暗殺を計画していた。煩悶する龍馬は、脱藩して我が道をゆくことを決意、勝麟太郎に入門する。様々な史料を踏まえ、限りなく実像に迫ったシリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください