〔電子〕おとなりの晴明さん 第九集 〜陰陽師は花の都で笑う〜

おとなりの晴明さん

仲町 六絵

2021年6月25日

KADOKAWA

715円(税込)

小説・エッセイ

 紅葉燃え立つ京都。陰陽師見習いとして成長する桃花に晴明さんが課したのは、自分の式神を生みだすことだった。 和歌の神の御使いたち、太刀の魂・薄緑と鬼切丸、雪国から来た飯縄権現にも見守られて生まれたのは、フクロウの姿をした式神・初花。京都の北を守る玄武を助けるため、晴明さんを笑顔で送り出すため、桃花と初花は奮闘する。 そして一年後の春、大学生になった桃花の前に現れるのはーー悠久の古都でつむぐあやかしファンタジー、終幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください