〔電子〕それは約束を待ち続ける死神の話

桐刻 / ハコジマ

2014年12月19日

KADOKAWA

399円(税込)

ライトノベル

余命宣告を受け、無意識のうちに小さな神社にたどりついた逢坂恭弥(おうさかきょうや)。雪まで降り始めこのまま人生が終わりを迎える──そう思いながらまぶたを閉じた瞬間、ゴツンゴツンと無理やり叩き起こされた。見ると、小柄な巫女がホウキを手に迷惑そうにたたずんでいた。淡雪(あわゆき)と名乗る巫女の、恭弥を憐れむような態度に憤りを感じ、やけになって淡雪を無理やり犯してしまう。自らの行為を悔やみ警察に自首した恭弥だが、不審に思う警官とともに再び神社にやってくるとそこには神社など存在していなくて……? 「それがあなたの願いなら」雪積もる季節、死を目前にした者だけが訪れることのできる神社を舞台に、目的もなく死を待つ恭弥と死神の巫女が繰り広げる最期の物語。オシリス文庫では、純愛からアブノーマルまで、過激な妄想を刺激する小説を刊行中。最新情報はレーベル公式サイト( http://hnovel.jp )へ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください