〔電子〕殺人犯はそこにいるー隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件ー(新潮文庫)

清水潔

2016年11月18日

新潮社

825円(税込)

人文・思想・社会 / ノンフィクション

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか? なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか? 執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出すーー。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.6

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

19

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ドクショ

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2022年12月06日

 裁判所、検察官、警察官は、人の人生、人の命をなんだと思っているんだろう?  人の人生や命よりも、組織防衛を優先させるような者が刑事裁判に関わってはいけないと、強く思う。

全部を表示

Readeeユーザー

熱意ある犯罪報道。これでも動かない日本の司法は腐ってる。

starstarstarstarstar 5.0 2019年11月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください