〔電子〕十二人の死にたい子どもたち

冲方丁

2018年10月6日

文藝春秋

815円(税込)

ミステリー・サスペンス

2019年1月に衝撃の映画化! 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「集団安楽死」をすること。 決を取り、全員一致でそれは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか? 「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。互いの思いの交錯する中で出された結論とは……? 解説・吉田伸子

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.71

読みたい

0

未読

2

読書中

1

既読

17

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください