〔電子〕CSV経営戦略

本業での高収益と、社会の課題を同時に解決する

名和高司

2015年10月16日

東洋経済新報社

2,376円(税込)

ビジネス・経済・就職

CSV(共通価値の創造)とは、戦略論の泰斗マイケル・ポーター(ハーバード大学教授)が、2011年に提唱した新しい経営モデル。企業は、抜本的な社会課題を解決することで、経済価値を同時に増大できる。これは慈善や非営利の事業ではなく、本業としての経営戦略に組み込むことで初めて実現できる。CSVは、従来の戦略論を根本から見直す試みであり、世界的にも大きな影響を与え始めている。本書では、日本企業がCSVをいかに自社の経営戦略に取り込み、飛躍を遂げていくべきか。ポーター教授の下で学び、現在ビジネススクールで教鞭をとりながら、ファーストリテイリング、BCGをはじめとする企業のアドバイザーを務める著者が、ポーター教授の理論やCSRとの違い、豊富な内外の企業事例、そして、実践に至るまでを具体的に提案するものである。著者とポーター教授、グラミングループ総裁のムハマド・ユヌス博士との各対談も収録。 【主な内容】 第1章 21世紀型経営モデルの出現 第2章 CSVで世界をリードする欧米企業 第3章 新興国発CSVの台頭 第4章 日本のCSVフロントランナー 第5章 ファーストリテイリングのCSV経営 第6章 CSV経営を実践する 第7章 CSV2.0への道 第8章 JーCSVが実現するグローバル成長

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください