〔電子〕実践!会計力

週刊東洋経済eビジネス新書No.240

2018年2月16日

東洋経済新報社

330円(税込)

ビジネス・経済・就職

企業の決算書が読めれば、経済ニュースの背後にある企業の思惑、見えないトレンドも深読みできる。膨大な量のニュースが飛び交う今、会計スキルはビジネスの選別眼としての役割も果たすだろう。会計というと「難しそう」と構える人が少なくないが、損益計算書や貸借対照表などの仕組みとつながりを押さえれば、あとは実例で効率的に身につければいい。わかってしまえば以外にシンプル。でも会計基準も変化するもの。この点はご注意を! 本誌は『週刊東洋経済』2017年9月9日号掲載の26ページ分を電子化したものです。 【主な内容】 会計がわかれば経済ニュースがわかる 決算書の初めの一歩 会計力を鍛える5つの習慣 「いい会社」をどう見極めるか 倒産企業はこうして見抜け 行き過ぎたROEブームの落とし穴 決算短信“簡素化”の波紋 2021年から「売上高」が激変 INTERVIEW 企業会計基準委員会 副委員長・小賀坂 敦  国際的に整合性のある基準にする 10兆円ファンド連結 ソフトバンク強気のワケ 【のれん】日本郵政とソニー 異なる巨額減損の事情 【IFRS】海外M&A相次ぐ アサヒ、キリンも導入 【特別講義】ニュースの理解にも役立つファイナンスの考え方

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください