〔電子〕儲かるモノづくりのための PLMと原価企画

設計・製造・会計の連携がもたらす新しい経営手法

北山一真 / 伊与田克宏 / 尾関将

2020年2月28日

東洋経済新報社

1,980円(税込)

ビジネス・経済・就職

儲かるモノづくりの実現には、「競争力のある製品」「利益力のある製品」を生み出す力が必要である。「設計・開発段階でコストの80%が決まる」というキーワードが示すように、上流でのコストマネジメントが重要となる。品質とコストの二律背反をいかに解くかという命題は、企業(主に製造業)にとって永遠のテーマである。 環境変化が激しく、収益構造も大きく変わっている今日、業務プロセスよりデータが重要になり、それを支えるテクノロジーに価値が出てくる。「PLM」と「原価企画」というキーワードを中心に、様々な視点の融合から、新しい課題解決の切り口を提言する! 【主な内容】 はじめに 第1章 事業を正しく評価する“真の”利益とは 第2章 競争力ある製品を生み出す仕組みづくり 第3章 利益力ある製品を生み出す仕組みづくり 第4章 PLMで獲得するコスト競争力 第5章 設計・製造・会計連携による製品事業力強化 第6章 プロセス・イノベーションを実現させる改革アプローチ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください