〔電子〕大菩薩峠

東海道の巻

中里 介山

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

伊勢大湊(おおみなと)を江戸に向け発った竜之助は、浜松城下で武士たちといさかいを起こしているところへ仲裁に入ったお絹と知りあい、旅のみちづれとなる。切髪あでやかな婦人、色香ただよわすお絹と宿をともにした晩、竜之助は寝つかれぬまま数々の奇妙な夢を見る。翌朝、回復しつつあるように思われた眼はふたたび光を失っていた。一方、お松、七兵衛とともに竜之助を待ちうける宇津木兵馬。しかし三保の松原での果し合いは、がんりきと名乗る盗人(ぬすっと)の横槍でかなわぬままに終わる。荒れ寺に泊まることを余儀なくされた竜之助は、その

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください