〔電子〕栄光なき天才たち2下 デビッド・W・グリフィス マリリン・モンローーースクリーンに活きスクリーンに殺された悲劇の女優

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

ハリウッドがつくりあげた最大のスター、マリリン・モンロー。彼女の名はみな知っているけれど、彼女が何者であったのか、誰も知らないーー。  マリリン・モンロー、本名ノーマ・ジーン。 彼女の幼少期は、父親不明、祖母と母が精神病院に入院、里親を転々とし孤児院に預けられるなど、身寄りのない孤独なものだったが、兵器工場で働いていた時分に、偶然撮られた写真が、後にハリウッド大スターとなる彼女のキャリアをスタートさせることとなる。 雑誌のカバーガールから始まり、風でスカートをわざとめくり上げるあまりにも有名なワンシーンをもつ映画、「七年目の浮気」で“セックス・シンボル”としての地位を確かにさせた以降も、マリリン・モンローの人気はうなぎ上りの一方であった。 しかし、世界に名を轟かすほどの大人気の一方で、モンローは、「頭が空っぽのグラマー女優」という世間のレッテルに反発、ハリウッドを飛び出してニューヨークへと渡る。 演劇学校で一年にわたる猛勉強の末、“マリリンはついに女優となった”との評価を受ける「バス停留所」などの作品に出演するも、相変わらずアカデミー賞からはことごとく無視をされ、さらに追い打ちをかけるように、彼女を襲う、流産、離婚という悲劇。 世界のモンローという耐えざるプレッシャーと孤独は彼女の心を蝕み…… 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください